チャリティーギャンブルは通常、楽しみを得ながら、お金を必要とする他の誰かを助けるために開催されます。 法的視点 ギャンブルを使ってチャリティーのためにお金を集めることが出来ますが、規制に違反しないように注意した方がいいでしょう。それがどのように機能するのか理解しましょう。チャリティーの発端などについて知識がないといけませんが、資金は目的に応じて移動することができます。 イギリスにおけるギャンブル法 簡単に思えるかもしれませんが、合法的な行為と法律を調べたい場合は想像よりはるかに難しいです。以下は、チャリティーギャンブルイベントの開催に向けたイギリスの法律のいくつかの例になります。 参加者は、そのイベントの発端や起源について知識がなければならない。 利益は、そのイベントに対し主催者の費用から控除、及び取得した現金の額と照合される。 通常、参加者に対して発表されたものとは異なる根本的な理由で収益を使用することは犯罪となる。 私的なギャンブルチャリティーは、人々がアクセスできない機密と考えられる場所で開催されなければならない。 そのチャリティーのためのゲームマッチが常に「ロト」でない限り、参加者からの参加料や手数料などは事前に蓄積できない。 2日以上連続でギャンブルが行われる場合、主催者は「特別開催用覚書」を取得する必要がある。このルールは、ギャンブルイベントがサッカー場、クリケット場、ゴルフコース、またはスポーツギャンブルが発生する場所で開催される場合にも適用される。 この情報は、そのコンセプト、マッチ、場所、そしてギャンブルの種類をまず考えます。種類とは例えば、私的なギャンブル(ビンゴとポーカーの間)なのか、非営利的なレースの夜会なのか、非営利的なカジノの夜会なのか、などです。その後に、従わなければならない法律を探ります。